なぜ大学教授は本を読むことを勧めるなのだろうか

私は都内某私立大学に通っている。そこで多くの教授が言う言葉がある。

「本を読んだ方が良い」

 なんとなく本を読むということは良いことのように感じられる。しかしなぜ本なのか、現代社会において情報を得る方法は色々あるはずである。私はいまパソコンを使いこの記事を書いているがこの賢い機械を使えば(無限の)情報網にアクセスすることができるのだ。実際インターネットを万能視するような学生も多いのではないだろうか。私もその1人であった。しかし大学で見聞きしたことを踏まえその考えは180度変わった。先に断っておくがここから書くことのほとんどが教授の受け売りである。そしてその事柄を私なりにまとめることで本を読む意義を自分に納得させうる形に落とし込んだ。一学生の自分を説得させる努力の結晶として見て頂けると幸いだ。

 まず前提として知識を得ることは良いことである。これは思考の多様化や物事の効率化に役立つため異論を唱える人は少ないだろう。「知識を得ることで悪を知り人は堕落するのだ」といった意見には耳を傾けないでおく。そして多くの大学教授はその知識の獲得手段として本を推奨している訳である。そうテレビでもパソコンでもスマートフォンでもなく本なのだ。一体どうして本に限定する必要があるのか?大学教授は本の作り手でもある。彼らは自分達の領域を贔屓目に見てそれを勧めているのではないだろうか。

  教授は一体本のどのような側面を踏まえて私たちに勧めているのだろうか。私はなんとなく本を読むべきものということにして、実際には読まずになんとなく嫌悪感に囚われることがある。しかし本の価値を文字を読むこととして捉えた場合その嫌悪は全くもって無意味なものとなる。なぜなら私は文字を読むという行為を授業、スマートフォン、PC、漫画を介して行っているからである。文字を読むことが大切ならば自分の好きな媒体で好きなだけ読めば良い。つまりスマートフォンに囚われし現代大学生はソシャゲー、ラインでの会話、漫画村によって膨大な量の文字を日々読んでいる訳である。私たちの文字に触れ合う機会は異常なまでに多い訳である。しかし現代の大学生(少なくとも本を読まない大学生)は言うまでもなく知能に難があるのだ。だから文字を読むという行為自体にはさほど意味がないことは明らかである。では本はその行為以外にどのような意味を持つというのだろうか。スマートフォンなどにあって本にないものを考える必要がある。次からその候補に当たるものについて考えていこうと思う。

1.材質

 本は紙である。そうだ基本的には本は紙なのだ。紙は連続的なものである。自分が記したメモがそのまま引き継がれるのだ多少劣化はするが確実に自分の記したものである。それはいわゆる味わいというものにつながるものである。もしくは大学教授が本は神であると狂信してしまったのかもしれない

 

2.成熟したメディアである点

申し訳ないが項目1は冗談だ。本筋はこっちである。もうこれ以外考えられない。流石に味わいがある!などという陳腐な理由で本での情報を得ることを勧めるということはないだろう。本とインターネットの情報の決定的な違いは信憑性の有無であろう。これはわざわざ言うまでもないことだ。本は出版物として出されている以上専門家による記述ということが確定できる。一方インターネットはそれが出来ないのだ。記述されている文字数はインターネットの方が多いかもしれないがそこにあるうち有益な情報はほとんどないのだ。例えその中から有益な情報を見つけることが出来た場合その判別がつくのであればそもそもその情報が既知の物である訳だ。つまり出版元が分かるようにしっかり整頓されているメディアだからこそ教授達は勧めるのである。そしてさらなる利点として挙げられるのが一つの情報に付随する情報が多い点である。世の中にはもちろんインターネットで素早く検索で事足りる調べ物は山程存在するし実際それで良い。しかし同じ情報を本で求める場合少なくとも数十ページ程の本の一部を読むであろう。そこには求める事+αが書いてある。まさに時間があり、これから向上していく者である大学生にぴったりの知識を得る手段である。

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 文系大学生へ
にほんブログ村 jQuery('.icon-hamburger').on('click', function() { if(jQuery('.menu-container .menu').css('display') === 'block') { jQuery('.menu-container .menu').slideUp('1500'); }else { jQuery('.menu-container .menu').slideDown('1500'); } });